ZoneAlarm ってどういうもの?

本ページは ZoneAlarm という製品の広告を行うつもりはありません。 あくまで、ファイアウォールソフトウェアの一製品を使用し、 どのような対策が行えるかをご紹介するものです。

1. インストール

ZoneAlarm ホームページ からダウンロードできます (「無料でお試しいただける ZoneAlarm」で表示されるカタログの無料ダウンロード)。
以前のバージョンでは英語版でしたが、 無料版でも日本語版となっており、特にインストールで迷うことはないでしょう。 インストール時には、いろいろ質問されますが、 ただし、製品の選択では ZoneAlarm Pro を選択すると有料になるので注意が必要です (Pro ではないほうを選択します)。

なお、旧版からのアップデートインストールすると、 設定がすべて失われてしまうので、1つ1つ設定しなおすようにしましょう。

ZoneAlarm を使用して何らかの問題が発生しても誰も責任は取れないので、 以下の作業においても、自己責任で行ってください。

2. 使用開始

ZoneAlarm はインストールが終了すると、 自動的に常駐を開始します。 以降、Windows を起動すれば常に動作するようになります。

ZoneAlarm は常駐するとタスクバーにアイコンが表示されます。

ネットワーク通信中は、送信と受信の割合がタスクバーのアイコンにグラフとして表示されます。

ZoneAlarm は Windows XP SP2 のセキュリティセンターにも、 正式に対応しているファイアーウォールソフトウェアです。

ZoneAlarm の設定はほとんどありません。 常駐させておくだけです。 上記のタスクバーのアイコンをダブルクリックするとコントロールパネルが表示されます。

日本語版では以下のように日本語になります。


覚えておくのは、このSTOP/停止ボタンと ボタンです。 どちらも同じような機能で、

このボタンをクリックするとネットワークが切断されます。
ウイルス感染や、外部からの強力な攻撃などの緊急事態に、 このボタンをクリックするだけで、一時的にネットワークを切断し、 ウイルス感染の拡大やコンピュータを守ることができます。

3. 使用方法

ZoneAlarm は外部からの攻撃を防ぐと共に、 パソコンから外部への情報漏えいを防ぐ機能を持つファイアーウォールソフトウェアです。


常駐しているだけで外部からの攻撃はファイアーウォールとして十分に防御します。

コントロールパネルの Overview には、 インストールしてから防御した攻撃数がカウントされています。

パソコンからインターネットへの通信は、 最初は必ず ZoneAlarm にブロックされます。


ここで、Allow ボタンをクリックすれば、 通信が続行されます。 Remember this setting をチェックしてから Allow ボタンをクリックすると、 そのソフトウェアからの通信は、以降はブロックされなくなります。

もし、身に覚えのないソフトウェアからの通信である場合は、 Deny ボタンをクリックすることで情報漏えいを防ぐことができます。

最近のソフトウェアのインストールでは、ライセンスの確認のために、 アクティベーション(Activation) という仕組みを持っているものが多くなっています。 アクティベーションは、インストール時にインターネットでメーカサイトをアクセスし、 そのライセンスが正当なものかを確認するものです。
もちろん、インストール時のインターネットアクセスも ZoneAlarm は一旦ブロックします。 そのとき「そんなの知らない」と Deny を押してしまうと、ライセンスの確認ができずにインストールに失敗します (もしくはインストールできても動作しない)。 どの通信を拒否するのかの判断は臨機応変に行うようにしてください。

4. 最後に

ZoneAlarm は Windows XP SP2 のファイアウォール機能より高機能な上に、 フリーソフトウェアである、というメリットがあります。 もちろん、フリーソフトウェアゆえ、 保証がなく自己責任で使用するという自覚が必要ですが、 容易に安全な環境を手に入れるには、 手の出しやすいソフトウエアであるといえます。 もちろん、市販のソフトウェアでも十分な機能を備えているので、 継続して使用したり、企業などで保証が必要な場合は市販のソフトウェアに乗り換えたほうがよいでしょう。