5.6 情報漏洩のまとめ

スパイウェア 目次 対策ソフトウェア

外部からの攻撃を防ぐためには、 ウイルス対策ソフトウェア、セキュリティパッチ、ファイアーウォールが有効ですが、 一旦侵入されてしまった場合には、これらのソフトウェアは十分に機能しません。

侵入されてしまったスパイウェアにはスパイウェア対策ソフトウェア、 情報漏えいに対しては個人情報保護ソフトウェアや、 パソコンからインターネットへの通信も監視できる ファイアーウォールソフトウェア、 そして、盗聴・盗難対策には暗号化ソフトウェアを導入する必要があります。

通信暗号化ソフトウェアは、 暗号化が必要な通信や暗号化が必要なメールを送信する必要があるときに導入すればよいでしょう。 一方、スパイウェア対策ソフトウェアや個人情報保護ソフトウェアは、 常にあなたの個人情報が危険にさらされている現在の状況からしても、 是非導入すべきソフトウェアです。

スパイウェア 目次 対策ソフトウェア