Lotus Notes の設定

Lotus Notes ではデフォルト(製品出荷時の設定)で設定されている レターヘッドを使用すると、背景ビットマップが添付されます。 この背景ビットマップは Lotus Notes 以外のメールツールで受け取っても 単なる添付ファイルとなり、無用のものになってしまいますので、 添付しないようにしなければなりません。

メールのレターヘッド(メール画面の一番上、初期値は「鉛筆と格子」の絵)は、 Lotus Notes が持っている他のレターヘッドに、 自由に変更することが出来ます。

  1. 「新規メモ作成」ボタンをクリックして、新規メール作成の画面を表示します。
  2. 次にメニューバーから [アクション(A)]→[メールツール(A)]→[レターヘッドの選択(C)] を選択します。
  3. レターヘッドのリストボックスが出てきますので、 表示される絵を参考にレターヘッドを選択して [終了] ボタンをクリックします。
  4. 選択したレターヘッドは、 次に「新規メモ作成」ボタンを押して新規メール作成から有効になります。

Lotus Notes から電子メールを送信をする場合、 (インターネットのメールアドレスを持っていて、 Notes で電子メールを送受信している人) 以下の8種類のレターヘッドは使わないようにして下さい (これらを使用すると、メールに空の添付ファイルが付くという障害が起こります)。


BACK