FAQ No: 00090
表題: チェロキーの車載コンピュータ
最終更新日: 1997/09/21
適用車種: Cherokee
キーワード: メンテナンス,車載コンピュータ

車載コンピュータは異常を検出した場合に異常の種類に応じて、

の2種類があります。 車載コンピュータの記憶した不具合の履歴を表示する方法は、 1秒間に3回エンジンキーをON/OFF(On-Off-On-Off-On)します (1秒間に3回はかなり早いです)。 異常のコード番号はすべて数字2桁から出来ていますので、 「Check Engine」ランプの点灯回数を数えることで、知ることが出来ます。 終了コードは「55」です。

例えば、2回点滅、少し間をあけて、3回点滅、同様に5回、5回と来れば、 コード番号23の異常を読みとることが出来ます。 コード番号55は、終了コードなので、必ず最後につくはずです。 コンピュータが異常を認識していなければ(正常な場合)「55」のみ、 つまり、5回の点滅を2回繰り返して終了します。
不具合の履歴は、エンジンキーを50回ON/OFFすると消えて無くなります。 またはコンピュータのシリアルポートからコマンドで消去します。

'89 チェロキーラレードの場合は異なります。 トラブルコードのチェック方法は、ダッシュパネルの下にコネクターがあり、 6番ピンと7番ピンをショートさせることにで「Check Engine」ランプが点滅します。 消去の方法はバッテリーコードを10秒以上外すことなので、 電装系の原因でエンジンストップした場合、 「問題無し」になってしまうことがあります。

それでは車載コンピュータのトラブルコード一覧を 95年版XJ/YJサービスマニュアルから引用します。


故障診断トラブルコードへのアクセス

記憶されている故障診断コード(DCT)は、 1秒以内にイグニッションを「On-Off-On-Off-On」 と繰返しマルチファンクション/ インジケータランプを観察することによって表示できます。 このランプは、インストゥールメントパネル上にCHECK ENGINEと表示します。 また、DBRスキャンツールを使って表示することもできます。 DBRはエンジンコンパートメントのデータリンクコネクタに接続します。 DBRの作動については適切な「パワートレーン故障診断マニュアル」を参照して下さい。

トラブルコードの説明
コード 意味
11 * No Referance(Crank) Signal at PCM
エンジンをクランキングする間クランクレファレンスシグナルが探知されない。
12 * Battery Disconnect
PCMへのバッテリ入力が最近50キーオンサイクル以内に切離されている。
13 ** No Change in MAP from Start to Ran
エンジンMAPの読み取り値とエンジン始動時の大気圧との間に差が認められない。
14 ** MAP Sensor Voltage Too Low or
MAP Sensor Voltage Too High
センサの入力が最低許容電圧より低い。
センサの入力が最大許容電圧より高い。
15 ** No vehicle speed sensor signal
路上走行負荷状態で距離(スピード)センサのシグナルが探知されない。
17 * Engin is cold too long
車両走行中、エンジン水温が通常動作温度よりも低いまま(サーモスタット)。
21 ** O2S Stays at Center or
O2S Shorted to Voltage
O2センサの入力から酸素の濃淡が探知できない。
O2センサの入力電圧が通常動作範囲を超えたまま。
22 ** ECT Sensor Voltage too high or
ECT Sensor Voltage too low
水温センサの入力が最大許容電圧より高くなっている。
水温センサの入力が最低許容電圧より低くなっている。
23 ** Intake Air Temp Sensor Voltage High or
Intake Air Temp Sensor Voltage Low
インテークマニホールドエア温度センサの入力が最大許容電圧より高くなっている。
インテークマニホールドエア温度センサの入力が最低許容電圧より低くなっている。
24 ** Throttle Posotion Sensor Voltage High or
Throttle Position Sensor Voltage Low
スロットルポジションセンサ(TPS)の入力が最大許容電圧より高くなっている。
スロットルポジションセンサ(TPS)の入力が最低許容電圧より低くなっている。
25 ** Idle Air Control Motor Circuits
アイドルエアコントロールモータの一つ又は複数の回路がショートしている。
27 * Injector #1,#2,#3,#4,#5 or #6 Circuit
インジェクタの出力ドライバーがコントロールシグナルに正しく反応していない。
33 * A/C Clutch Relay Circuit
A/Cクラッチリレー回路にショートまたは断線状態が探知された。
34 * Speed Control Solenoid Circuits or
Speed Control Switch Always Low or
Speed Control Switch Always High
スピードコントロールのバキューム またはベントソレノイド回路に ショートまたは断線状態が探知された。
スピードコントロールスイッチ入力が最低許容電圧より低い。
スピードコントロールスイッチ入力が最大許容入力より高い。
35 * Rad Fan Control Relay Circuit (XJ only)
ラジエターファンリレー回路に断線又はショート状態が探知された。
41 ** Generator Field Not Switching Properly
オルタネータフィールドコントロール回路が断線又はショートしている。
42 * Auto shutdown Relay Control Circuit
オートシャットダウンリレー回路に断線又はショート状態が探知された。
44 * Battery temp Sensor Voltage out of Limit
エンジンクーラントTEMPセンサ回路の断線 又はショート或はバッテリTEMP電圧回路に問題がある。
46 ** Charging System Voltage too High
エンジン運転中のバッテリ電圧センス入力が、 目標充電電圧を上回っている。
47 ** Charging System Voltage too Loe
エンジン運転中のバッテリ電圧センス入力が、 目標充電電圧を下回っている。 また、オルタネータ出力のテスト中にバッテリ電圧の 顕著な変化が探知できない。
51 ** O2S Signal stays below center(Lean)
エンジン運転中にO2センサシグナル入力が、 空気/燃料混合費が薄いことを示している。
52 ** O2S Signal syays above center(rich)
エンジン運転中にO2センサシグナル入力が、 空気/燃料混合費が濃いことを示している。
53 * Internal PCM Failure or
PCM Failure SRI Communaications
PCM内部の故障が探知された。
54 * No Cam Sync Signal at PCM
エンジンのクランキング中、 フューエルシステム(カムシャフトシグナル)が探知されない。
55 * Display Not Shown on DRB Scan Tool
マルチファンクションインジケータランプ(チェックエンジンランプ) で診断トラブルコードの表示が終了。
62 * PCM failure. SRI miles not stored
PCM EE-PROMへのSRI(サービスリマインダインジケータ)マイルの更新に失敗した。
63 * PCM failure EEPROM Write Denied
PCMでEE-PROMのロケーションへの書込みに失敗した。

この診断トラブルコードが記載されていれば、 エンジン運転中チェックエンジンランプが点灯しています。
* チェックエンジンランプは、 この診断トラブルコードが記録されているときは常時は点灯しません。 マニュアルに記載されたとおり、イグニッションキーを操作して、 チェックエンジンランプで点滅するコードを確認します。
**